筋交いだけでは一点に力が集中してしまいますので
(貫)ヌキを設けることで地震や風などの横からの力に対応
壁下地の暴れ(ゆがみ)対策としても効果的です。